近未来を想定して

近未来とりわけ新居に越して来られるに際しては、現時点よりも数年後のライフスタイルを想定した上で、各医療機関の所在地などをチェックする作業が欠かせません。近い将来ご両親が高齢となられた際、自身で通院可能な距離内に必要な医療機関が存在しているのか、皆さんの送迎が必要な場合、車での通院に際しての支障の有無など、いずれも見落としがちなポイントです。勿論近未来に新たな医療機関がより便利な場所に開業する可能性もゼロではありませんが、それらを想定だけで当て込む訳には行きません。

また現在最前線で活躍されている医師の方々も、当然年齢を重ねて行かれますし、大規模病院では他の病院への転勤も十分予想されます。現時点ではご家族にベストマッチの充実の医療機関環境も、数年後にはその限りではありません。現在メインでお世話になっている各機関の他にも、有事に備えて利用に叶う各施設を押さえておいても、決して無駄にはなりません。「備えあれば憂いなし」で、必要最低限以上にお世話にならない毎日を過ごせたとすれば、それがベストです。この機会にぜひ空き時間をご活用から、ご自身とご家族の近未来のライフスタイルのシミュレーション作業を通じ、病院事情の確認にも着手される事をお薦めいたします。

Pocket

自身家族との相性は

大規模な病院に於ける外来診療を受ける場合、訪れる日時によって担当医が変わるため、いわゆる「かかりつけのお医者さん」の確保は現実困難です。膨大な人数の患者のデータ―を病院側が管理から共有する形で、診察から治療が為されるので、ある意味個人個人との相性にまで拘る事は難しく、割り切った受診が私達患者側に求められます。

歯医者対して歯医者さんなどの場合は、地域密着の比較的小規模な医療施設が大半ですので、ご自身あるいはご家族と、歯科医療施設の患者対応とのマッチングを見極める作業が叶います。昨今の歯科医療機関はいずれも、高齢者や小さなお子様への配慮が十分行き届いており、総じて不安はありません。ですが立地条件によって、主たる患者さんの層が異なる事を知っておきましょう。

ビジネス街に近ければ、待ち時間を最小限に抑えた分刻みの予約システムの徹底が為され、仕事中のビジネスマン達が短時間の治療を重ねるスタイルが一般的です。対して居住者の平均年齢層が高い下町などの地域では、時間に関してはファジーで、1人1人に対してゆったりとした対応が為される為、時間に追われる多忙な方々には不向きでしょう。ご自身のライフスタイルと医療機関側の患者対応スタイルとのマッチングもまた、選択に際しての重要なポイントとなります。

Pocket

重要な主治医の存在

地元生活圏に果たしてどのような医療機関が存在しているのか、特に他の地域から転入されるに際しては、事前の情報収集から確認が不可欠です。不動産業者は販売あるいは斡旋する自社物件情報の付帯情報として、病院など公共機関関連の地域情報を提供してくれましが、あくまでザックリと大雑把な内容に留まるのが一般的です。ご自身並びにご家族の年齢性別や、現在から未来に通院が必要となる可能性を見据えるなど、自分達に必要不可欠と思われる医療機関の有無のチェックが欠かせません

主治医実際にそうした各病院との関係が発生するのは、実際に初診を受けた後になりますが、ここで見逃せないのが、主治医として全幅の信頼を寄せるに値する医師の存在です。医学的な専門知識に関しては開業医あるいは勤務医である以上心配無用ですが、患者への接し方や施術方法などは、皆さんお1人お1人との「相性」がスルー出来ません。どれだけ名医と評判でも、仮に皆さんの小さなお子様が「あの先生は怖いからイヤだ」との先入観を抱いたとすれば、両者は結果ミスマッチです。身体の具合が悪い際には当然、精神的にも不安定となります。安心して心身を委ねられる主治医を各科で確保出来ればベストです。

Pocket

生活圏内の病院を知る

私達の日常生活に欠かせぬ公共施設の中でも、病院という存在の重要性は、今更語るまでもありません。大袈裟でなく時に生命に関わる病気を治してくれる、唯一無二の専門機関である病院が生活圏内に見当たらないとなれば、その不安感だけで体調不良を招き兼ねません。緊急時には119番通報という手段こそありますが、これはあくまで最悪の場面の対応策であり、日常の健康管理をサポートしてくれる、初期治療を施して貰えるのはやはり、自宅から近距離の病院なのです。

病院内科、小児科、歯科、眼科、耳鼻咽喉科、外科など、多くの方々は既に、各ジャンルの「かかりつけの施設」を有しておられるに違いありません。それぞれの選択に際しても、地域密着型の小規模な病院であれば、幼い頃から家族全員が代々お世話になっているケースも少なくないでしょう。あるいは近所の評判や口コミなどを参考に初診を受け、それをキッカケに懇意となるパターンも珍しくありません。お時間があれば、各科ごとに現在通っている病院をピックアップから、そのキッカケを思い出してみてください。人それぞれその内容や優先順位こそ違えども、何らかのメリットと信頼感で、各施設を選んでおられる事が再確認出来ます。

ここでは皆さんの健康な毎日をサポートしてくれる、生活圏内の病院に視線を合わせ、色々な角度から検証作業を進めてみたいと思います。特に現在「ベストと思える医療機関を選び兼ねている」とお悩みの方々に、何らかの参考にしていただけるお話をお伝えしますので、ぜひご一読ください。

Pocket